墨田螺子産業株式会社

☎ 03-3626-0911

防災防犯ホイッスル

出荷数 353,541更新中

東京ソラマチ5階すみだまち処

プロテクトチャーム発売

大地震対応マニュアル販売中

    ☆製造伝統の街☆

☆「すみだ」が生んだホイッスル☆

 

すみだモダン2015

認証商品に選ばれました

製造の街「すみだ」で、得意の挽き物、切削、機械加工、組立の技術を生かしつつ、影に隠れてしまいがちな自社の製品を「何か人の為に役立つ商品として表に出したい」との想いから防犯用のホイッスルを考案、製造販売を開始しました。市場に流通しているものの中に日本製が少なく、またいざと言う時の為に、安心して使える、安全な防犯用品を提供しようと考えました。その後、震災を通して今では防災用として注目を集めており、できるだけ沢山の方に携帯してもらえるよう最小サイズ且つ価格を抑えて販売しております。

 

本体重量約8g、サイズも国産最小サイズになります。使用可能なぎりぎりのサイズで製作しており、材質は真ちゅうで環境に優しいRoHS材を使用、ストラップタイプで販売、携帯電話・カバン・定期入れ・キーリングまた企業様には社員証への取り付けで使用して頂けます。現在注目されている防災専用品にこだわらず、身近につけて頂ける商品が特徴となっており、邪魔にならずアクセサリーにもなる数少ない防犯・防災用品に仕上げました。

 

金属部品の中にも、墨田区伝統である昔ながらの手作り感のあるおもちゃ、雑貨、アクセサリーをイメージしており、単なる笛の中にもすみだ特有の加工技術と品質の良さは、昔ながらの職人的感覚で製作していると言う評価を頂いております。製造の街、職人の街「すみだ」は、沢山のお客様に認知されている実感があり、「すみだらしさ」に拘った製品に出来上がっております。

 

製造販売開始から約13年が経ち、卸販売を主とし、現在では自社ネットにて販売中です。取扱い業者様からは、弊社ホイッスルを利用しオリジナル商品として、量販店・百貨店・書店・通販会社で販売されております。また美術館の土産売り場で星座アクセサリーと一緒に販売されるなど、お客様独自のデザイン創作に役立っております。約340,000本を出荷、日本製に拘るお客様からの引き合いにより、10年以上の間、変わらぬ品質で販売している防災用ホイッスルは「メイド・イン・すみだ」のロングセラー品としてご好評を頂いております。

 

全数、ブローによる音出しの検査をしており、購入しても鳴らないホイッスルがある中、いざという時に使えないことがないよう一つ一つ丁寧な管理をしております。またご希望の法人のお客様には品質保証書及び国内で製造しております証明書を発行しており、店舗様が安心して販売して頂けるような管理体制も確立しております。

購入して頂く方は一人一つの場合が多く、手元に届いた時に不具合がないよう、一つ一つ全数検査をして出荷しております。防災用のホイッスルとして、全数音がでるかの検査は国内でも弊社だけだと思います。「すみだ」から安心・安全な商品をお客様にご提供するため社内にて管理徹底しており、一人でも多くの方々のお役に立てればと考え製作しております。


一般に人に聞こえやすい周波数は、20004000ヘルツとされていますが、弊社ホイッスルはほぼ4000ヘルツに設定されており、音量は約84デシベルになります。音量は本体の大きさに関係しますが、このサイズでも十分な特性を示しております。

 

【補足】音圧レベルを基準にして人の聴覚感度を示した「等ラウドネス曲線」という物が国際規格で規定されています。現在、最も一般的な基準になっております。グラフより人の聴覚感度は音圧レベルベースでは2~5kHz辺りの感度が高く、ピークはおよそ3kHz辺りです。


人間にとって聞こえやすい音と聞こえにくい音があり,それらは周波数で決まっていますが具体的には4kHz付近の周波数が人間にとって最も聞こえやすい音(耳の感度が良い音)とされています。


【墨田螺子産業製ホイッスルデーター】

測定日2015.11.18

2015年8月 製造の街「すみだ」で作られる商品を支援して頂きました。

ホイッスル(防犯・防災用)製造:墨田螺子産業株式会社

 

これまで培ってきた加工技術に基づいて製造しています。海外製のホイッスル、「日本のホイッスル業者」が保証していない「音が鳴る」保証をしています。(従来の製品は、音が鳴る理論上の構造に基づいて販売していますが、当製品はすべての製品に対し音が鳴るか検査をしています。)

 

 

公益財団法人

東京都中小企業振興公社様より引用

 

※内容は更新しております。